管理費等滞納問題支援業務

管理費等の滞納は初期の対応が大切です

マンション管理費の滞納は小額でも早い段階で丁寧に対応しましょう。3ヶ月以上の額になると支払いにくくなるのが現実です。管理会社に任せていると丁寧な対応ができない場合もあります。理事会が積極的に対応しましょう。一度に支払うことが無理な場合には、分割で支払うなど少しずつでも解消する方法を、当事者と相談し文書で約束を交わします。そのためにアドバイス・支援を行います。

声かけしても支払が無い時には・・・

管理費等の滞納が小額なうちに法的措置を見据えた内容証明書などの催促や支払督促、少額訴訟など法的措置を行うことを検討します。そのための補助的な業務、アドバイス及び支援※を行います。法的な措置を取るためには、理事会承認(総会承認の場合もあります)が必要となります。

それでも・・・

滞納管理費に対して支払の判決が出たとしても、支払うことが出来ない場合もあります。やむを得ない手段ですが、強制執行も検討しなければなりません。

強制競売申請の支援※の経験もありますので是非ご相談下さい。なお、管理規約を一部改正する場合には、別途費用が発生します。

※ 弁護士法第72条(非弁行為の禁止)に抵触しない範囲での支援

管理費の滞納が少ないマンションにするには・・・

多くの管理組合の役員の方にお話をお聞きすると、「滞納はありません!」と答えるマンション管理組合に共通して、マンション内のコミュニティがしっかりとしていると言えます。お隣同志顔見知りであると、支払のプライオリティが高くなるのです。

お祭りや防災訓練、草取り・・集合住宅ですからコミュニケーションツールはいくらでもあります。コミュニティの良さが良いマンション管理に繋がります。

IMG_20150725_192142